タグ:映画館 ( 62 ) タグの人気記事

朝ななさんクリニックに連れて行き、薬の効果確認して、午後から友達と映画に行きました。

b0018281_19003023.jpg
ミニシアター、上映館少なくて、めんどくさい!
14時の回、客席の半数以上が1人で来てるおじさまたちゆえ、2つ並びの席が少なっ。

しかし楽しい映画でした。
イギー・ポップ、かっこいい!

b0018281_19023194.jpg
え、あのギターがこのおじさん?へ?ベースがこのおじさん?ドラム、マジ?ってくらい若い時と現在の風貌が違うのにイギー様は同じだもん。
ロックスターはかっこいい。
b0018281_19024136.jpg
Rock and Roll Hall of Fameでのスピーチが素晴らしいです。


[PR]
by little-b34 | 2017-09-16 18:59 | | Trackback | Comments(0)

Dancerを観ました

シネコンはお子様映画満載のこの季節、なかなか観たい映画がない!のだけど、ミニシアター系は、豊作で、観たい映画がたくさんあります。

仕事帰りに友達と行きました。
b0018281_08502597.jpg


美しい。

まだ27歳のポルーニン、19歳で最年少でロイヤルバレエ団のプリンシパル、その後退団、ロシアでバレエ、引退を決意、Take me to churchの撮影、反響、とドキュメンタリーのように、家族が撮影した昔の映像と、今の映像を繋ぎます。
家族、友情、青春、成功、葛藤、再生、、、人生に起こりうる様々なことが、凝縮されています。
恵まれた容姿と才能、そして努力…本当に美しい映画!

そしてもちろん、踊りが本当に素晴らしいので、スクリーンで観るべき映画だと思います。

オープニングがまさかのブラックザバス大音量で、驚きとともに引き込まれます。
[PR]
by little-b34 | 2017-07-30 08:41 | | Trackback | Comments(0)

昨夜の会議の不毛さに怒りすぎて一夜明けた今も気持ちが悪い。

b0018281_09170756.jpg

さてコレ。
読者からのお悩み別に、こんな映画見てみたら?と答えてくれる月刊コミック@パンチという雑誌のコーナーをまとめたもの、らしい。
こんな素敵な文化系コーナーがあまり見かけたこともない漫画誌(多分)で読めるなんて知りませんでしたよ!
まとめてくれてありがとう。

1.どう生きたらいいんでしょう
この中では、『男女の友情って成り立たないんでしょうか』の文の素晴らしさに震えます。
2.聞いてください、この悩み!
この中では、『なぜ男らしくしなきゃダメなの?』で私の大好きな映画が紹介されている上に、大嫌いな同調圧力について語られています。
3.どーしても許せない!
この中では『なんでヤンキーがモテるんだ!』に対する「群馬だから」と容赦なく切り捨てながらも、相談者の言葉尻から別視点でおすすめ映画を提案!
4.気になって仕方ないんです!
『家で映画を観てると眠くなる』に至っては当然と答える。
5.その面白さを教えて
『ライブの魅力ってなんですか』
この回答がお見事!
6.世の中なんでこーなんですか⁉︎
『ゲイの認知度が低いのが不満です!』
まで、くだらないとこから真剣なとこまで多岐にわたる43ものお悩みに理論的に解説しつつ、おすすめ映画で応えるという神業です。


ラッパーには珍しく、というより男性に珍しく、とてもフェミニズムを正しく理解した男性である宇多丸の真摯な姿勢とオタク気質、そしてラッパーであるが故の言葉の巧みさ!
爽快です!

軽い気持ちで手にした本ではあるけど、ずっと手元に置いておきたい…その映画をぜんぶ見てみたい。と夢が広がります。

映画を観ることは、出会うこともないような他国の人や異る時代の人生を垣間見ること。知ること。自分とは違うひとの人生を知ること。
知ることで自分の生き方に少しでも広がること。

仕事や勉強をサボって劇場の暗闇に逃げ込んでるときに観た映画なんて全部無条件で友達じゃない?という一文に涙が出そうになりました。
私にとっては。放課後のマラソン大会をサボって吉祥寺のバウスシアターまで観に行った友達のお姉ちゃんに『映画館でみろ!』と勧められた『時計じかけのオレンジ』です。

映画って面白いよね、忘れることも残ることもあるし、時間を返せー!と思うこともあるけど観たもん勝ちの世界だよね!

[PR]
by little-b34 | 2017-05-16 09:11 | | Trackback | Comments(0)

午後髪を切り、夕方歯科に行こうかな〜と思っていたのだけど、髪を切る最中に友達からメール。
「今どこ?」「表参道」「この後暇?」から始まり急遽新宿で映画を観ることに。

自分では絶対選ばない!
b0018281_20542453.jpg

こちら。

韓国映画を映画館で観るのは初めてでしたが、おもしろかったよー。
大どんでん返しが良かったんだけど、途中出てきた脇役女優が取引先の人に似てて!ニヤニヤしてしまいました。

映画の後はバーで近況報告しゃべりまくり解散しました。

楽しい休み!




[PR]
by little-b34 | 2017-04-28 20:47 | | Trackback | Comments(0)

MOONLIGHT を観ました

アメリカで観た人たちの絶賛の声を見聞きして観たくてたまらなかったムーンライト。
アカデミー取る前は神奈川で2.3館のみの上映予定でしたが、アカデミー賞効果で上映館も増え公開日も早まるという望ましい状況に変わりました。
b0018281_08561419.jpg


美しくあたたかい映画でした。

こういう現実にありそうな話を、事象に固執しないで描くのはありそうでない、というか、うまくいかないことはたくさんあるけど愛があることで救われるというか、愛だろ、っていう映画です。

色がいいのとシャイロン役が本当に素晴らしい。


[PR]
by little-b34 | 2017-04-02 08:49 | | Trackback | Comments(0)

LA LA LAND

b0018281_18101117.jpg


火曜日も安くなっているのね。TOHO CINEMAS。

Oscar goes to Moonlight で良かった、と思いました。
John Legendがギター弾いてました。
SESSION の鬼教官がグビだ!と怒ってました。
(そういうもの観る映画ではない)


衣装が素敵で、音楽も良い。

でも、モヤモヤするものも残ります。やはり。
監督と相性が良くない(偉そう)、私。

なぜジャズを出してくるんだろうな。

と。


[PR]
by little-b34 | 2017-03-07 18:04 | | Trackback | Comments(0)

タンジェリンを観ました


b0018281_23092067.jpg

タンジェリン

少し気になってた所に面白そうだから行こうよ、と同僚に誘われ、仕事を早めに切り上げて。

想像とはちょっと違ってカスワード炸裂のパンクな映画でした。
どうでもいいことで(当人たちは真剣)喧嘩したり、ロスをひたすら歩いたり、出てくる人がみんな下品で、楽しかったです。
悪人はいないんです、誰も死なないし。だけどひたすら貧しくて孤独で、寄り添っている、汚いだけじゃなくて愚かだけど優しい話でもあると。

しかしまあ、こんななんで字幕なくても笑えるレベルだし、すごく重いわけでもなく、最後は少しじんとしたりして、後味は悪くないです。

みんなバカだけど一生懸命で。

トランスジェンダーも、移民も、ブラックも、ホワイトも出てきて、みんな貧しくて。

すごくいい、ってことでもないけどたった1日を映した映画ってのも面白かったし、カメラワークもストレートで新鮮だったし、何気に心に残るような気がしました。

みんながんばれ。
タンジェリンは優しさです。
トランプに観ろよ!と言いたい。


[PR]
by little-b34 | 2017-02-13 22:56 | | Trackback | Comments(0)

実は最初の本が和訳された時からのファン。

ロンドンの友達から絶対見て!と連絡があって早ひと月。やっと行きました。(永い言い訳は見損ねた)


b0018281_21171929.jpg


2時間弱笑いっぱなし!じんわりくるとこもあるけどね。

最初からもう、cypresshillで笑いがこみ上げるという…。

ブリジットはやっぱりドジで間抜けで面白い。

ネタバレはまだ観ていない人に失礼なのでやめとくけど。

レディースデイだったので100%女性客。笑いどころが年齢により違いそうなとこもおもしろかったよ。



[PR]
by little-b34 | 2016-11-30 21:11 | | Trackback | Comments(0)

怒り

b0018281_01051640.jpg


これはヤバい。
シンゴシラが久しぶりの邦画だったのは先日書いたかと思いますが、その時の予告で興味湧いたのがこちら。
吉田修一の本は好きなんだけどこれは読んでなくて(上下巻で長い)、予告編のみの前情報で観に行きました。

名優揃いなので名演技にクラクラくるんですが、中でも素敵!だったのは
b0018281_01051668.jpg

妻夫木聡くんよ。
これ、この写真。綾野剛とカップルなんですが、どちらもオネエ言葉や女装などなくて凄くナチュラルないそうなゲイなんです。
妻夫木くんてこんな素敵でした?孤独とか、刹那とか、すごい。そして綾野剛のあやふやさ。

もちろんお腹の出た田舎のおっさんに成りきる謙さんも、ちと足りなさそうな宮崎あおいも、暑苦しい刑事ピエールも、狂気の森山未來も(いやーいい俳優だよね、良い体してるし)、朴訥としたマツケンも、素晴らしいです。

でも私はこの映画では妻夫木くんの切ない演技に泣きました!

ふと、近くに現れた人を簡単に信じたり、些細なことから疑ったり、自分を責めたり、愛があるからこそ庇ったり、裏切られたと思ったり、、、他人や自分に沸く怒り……。
怒りというタイトルが本当にぴったり。吉田修一天才。そして監督も天才。出る俳優も天才。

ストーリーが見えたからこそもう一度観たいと思わされます。

これはヤバい映画でしたわ!
[PR]
by little-b34 | 2016-09-30 00:55 | | Trackback | Comments(0)

仕事の後、同僚と歌舞伎町のTOHO Cinemasに行きました。
b0018281_09525131.jpg

Rolling Stonesが今年3月にハバナで初めてコンサートを開いた時の映像です。

昨日の夜だけ、全世界一斉公開。
時差の関係上日本がいちばん早く観ることが出来る。

19時と21時半の2回上映で、シアターも少なく、チケットも3500円、パブリックビューイングみたいなものですかね。

ハバナの街並みと、メンバーの仲よさそうなインタビューの後、Jumpin' Jack Flushで幕を開け、2時間くらいのライブ。70過ぎた人たちとは思えない、変わらぬパワーで走り抜けていました!
やっぱり全力のプロはかっこいいな。

初めて聴いたのは中学生の頃でしたが、あの頃聴いた曲が今聴いてもかっこいいですからね。すごいです。

開演ギリギリに着いて、席に着く頃にスタートしたのですが、インタビュー終えたら拍手、上映後に拍手、そして明かりが着いて振り返るとおじさん率高い!
そして何故かエスカレーターを使わせてもらえず、非常階段で降ろされる観客。
今日会社の子に聞いたらいつもはエスカレーターらしいです。
他の映画より平均年齢高そうなのに、ひどい仕打ちだ。おじさんたち文句言ってる人いたもんね。

最後にバーで感想語り合って帰宅。


[PR]
by little-b34 | 2016-09-24 09:48 | | Trackback | Comments(0)

食べる、働く、遊ぶ、イイネ!